樹脂サッシとは?

樹脂サッシの特長

  • 断熱
  • 遮熱
  • 気密性

熱を伝えにくい・結露がしづらい窓のフレームが樹脂製でできた「樹脂サッシ」


樹脂サッシ

アルミサッシとの違い

住宅で最も熱の出入りが多いのは窓やサッシなどの開口部です。樹脂サッシの場合、アルミサッシに比べて夏は4割、冬は3割の熱損失を防ぎます。

樹脂サッシを採用することで、季節に関係なく一年中快適に過ごせます。

樹脂サッシ

窓の断熱化メリット

暖房の効きがよくなる
暖房を切った後の室温低下が緩やかに
窓に結露が発生しにくく、カビ・ダニの発生を防ぐ
窓辺のヒヤッと感が抑えられ、部屋を広く使える

樹脂サッシ

結露を防ぐ樹脂サッシ

樹脂サッシ外気との気温差がある場合、室内側樹脂形材により、カビ・ダニの原因にもつながります。

実際に結露ができ、壁やカーテンがカビになってしまった経験の方も多いと思います。 対策として、定期的に結露をとったり、換気扇を回して室内の湿度を調節したりと一苦労。

そんな結露対策におすすめなのが樹脂サッシです。

結露を放っておくと、カビやダニの温床となり、人体に悪影響を与えます。
ご家族の健康も考慮し、ダルトンホーム北九州では、樹脂サッシを標準採用しています。

Menu